タッチケア講習会について

「タッチケア」のタッチとは「さわる」事ではなく「ふれあい」の意味です。お母さんは赤ちゃんの目をじっと見つめたり、優しく語りかけ抱っこしたりという自然のスキンシップを赤ちゃんに行います。これに応えて赤ちゃんはお母さんの目を見つめ返したり、語りかけると呼び声に顔を向けたり口を動かしたりします。これが「ふれあい」です。
お互いに「ふれあう」ことによってお母さんには母性が、赤ちゃんには育つ力がスイッチオンされ赤ちゃんは赤ちゃんらしく、お母さんはお母さんらしく育っていくのです。
さらに「ふれあい」によりお互いの情愛の絆(アタッチメント)の形成も促進されます。
タッチケアはこのように親子の「ふれあい」を促進する一つの方法です。
ふれあいの機会の少ない現在の状況ではアタッチケアは必要なものですが、あまり方法にはこだわらないで、自然のふれあいの一つとして行ってください。

タッチケアのメリット

  • 体重の増加。
  • 不安レベルの低下。ストレスホルモンの減少。
  • 赤ちゃんはよく眠り、夜泣きが減少。
  • 赤ちゃんの肌を清潔に保ち、保温して丈夫になる。
  • 胃腸の調子をよくし、消化機能を高め便秘を予防。
  • 血液循環や体調管理もよくなり、病気に対する免疫力も高まる。
  • お母さんは赤ちゃんに触れ合ううちに育児に自身がつき精神的に安定し、リラックスできストレスが減る。
  • 赤ちゃんの体調や変化に早く気付く。
  • 赤ちゃんとの絆が深まり、信頼関係を築きやすい。

日程・時間について

タッチケア講習は予約制になります。
ご希望の方はお電話にてご予約ください。電話番号(075-381-3785)
タッチケア講習についてご不明な点がございましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。

日程毎月最終週の土曜日
時間14:00〜
人数数名(先着順)
対象生後3ヶ月~9ヶ月